スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

22


「あ、あぶねえっ、な、なにしやんでえ」
 御者が車からとびおりて、江戸っ子のべらんめえみたいな、歯ぎれのいいパリっ子言葉でどなりつけた。

 ―『緑の目の少女』モーリス・ルブラン/南洋一郎

Comment

No title

さすが南洋一郎ですねえ。
翻案が既に名人芸の域に入っています。

Re: No title

> がいこつさん

三代続くちゃきちゃきのパリっ子!というところでしょうか。

自分の中のルパン像は南洋一郎によって形成されているということを
あらためて感じています。
他のルパンの翻訳を読んでも、なにか違和感を感じてしまうんですよねえ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。