スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

納涼スペシャル

■にっかん飛切落語会 納涼スペシャル

個人的にはテレビではよく見かけるけど生で見るのは初めての人たち+喬太郎の会。
ナポレオンズ、夢之助、楽太郎と、さすがお客さんを笑わせるツボを心得ているなあという余裕の舞台が続く。

楽太郎の「船徳」は、これまでに聞いたことのある「船徳」とは要所要所が違っていて興味深い。船宿の女将が徳さんに、あなたはお風呂場で小さいお船で遊んでらっしゃい、というくすぐりに大笑い。石垣を突くのに使うのはコウモリ傘ではなく杖。それも最初に神経痛で杖をついているという描写があるので、船の中でいきなりコウモリが登場するような不自然さがない。サゲは、ようやく岸にたどりついたお客に船頭の熊が声をかけ、徳さんがここまでこれたのは初めてだ、というもの。

仲入り後は喬太郎。まくらはいつもの池袋ネタ。そういえば昨年末のこの会に出演した時もおんなじまくらだったぞと、何の噺にいくか注目していたら「母恋くらげ」。喬太郎が出る落語会や寄席にはたびたび足を運んでいるのに何故かこの噺には当たらず、聞くのは実に6年ぶりの2回目。前に聞いた時は師匠にくらげの仕草を直されたと言ってたなあ。爆笑の中、タコの仕草をしながら退場。

続いてトリの三枝がタコの仕草をしながら登場すると、前の笑いの余韻が爆発。東京の落語会に出演すると皆さん古典落語をきっちりやるから非常にやりづらいんですが、今日はやりやすいですねえと更に会場を沸かせる。読書の時間用にと父親の本を息子が学校へ持っていったら、カバーは「竜馬がゆく」だが中身はポルノだった・・・という噺。

豪華な面々に大満足した夏の終わり。


*イイノホール
 
 金原亭駒春  「浮世根問」
 ナポレオンズ  マジック
 三笑亭夢之助 「天災」
 三遊亭楽太郎 「船徳」
  -仲入り-
 柳家喬太郎  「母恋くらげ」
 桂 三枝   「読書の時間」
スポンサーサイト

懺悔!

■川柳川柳高座五十年懺悔会

川柳師匠の高座生活50年を記念した落語会・・・は前半だけ。普通の噺家なら座布団の上に座って50年というべきところ、師匠の場合その半分は立ってますからとは、ゲストの市馬師匠の弁。もう半分はお楽しみ歌謡ショー。

古典をやると緊張するな~という師匠
市馬師匠の「山号寺号」で「川柳さんエロおやじ」といじられる師匠
噺の途中でカセットテープの販促に余念がない師匠
落語会のチラシの裏に譜面を書いてくる師匠
オ××コと平気で言うくせに、ここは区の施設だからうるさいんだと終了時間を気にする師匠
そして、浴衣にギターでジャズ、ワイアン、叙情歌謡、服部良一をいきいきと唄う師匠

川柳師匠の川柳師匠らしい姿をたっぷり2時間半。師匠の伴奏で市馬師匠も気持ちよさそうに美声を披露。最後はソンブレロ被ってラ・マラゲーニャで、なんとも楽しい愛しい一夜でした。

バレ噺集のカセットテープは手書きのタイトル入り。間違ったところをホワイトで修正してあるよ。
買ったはいいものの、家に帰ってからレコーダーがないことに気付く始末。手書きのタイトルを鑑賞するのみ。


*なかの芸能小劇場  19:00~

 川柳つくし・鈴々舎わか馬 前説
 川柳川柳 「首屋」
 柳亭市馬 「山号寺号」
 川柳川柳 「ジャズ息子」
  -仲入り-
 川柳川柳・柳亭市馬・川柳つくし・鈴々舎わか馬 歌謡ショー

あまりない組み合わせ

■入船亭扇治・三遊亭白鳥二人会  

感想は後日

*笹塚ファクトリー  19:00~

千秋楽

●第16回鈴本夏まつり

*鈴本演芸場

 翁家和楽社中  太神楽
 柳家小太郎  「狸賽」
 林家正楽    紙切り
 柳家三太楼  「宗論」
 柳亭市馬   「普段の袴」
 柳家小菊    粋曲
 柳家喬太郎  「中華屋開店」
 古今亭志ん輔 「もう半分」
  -仲入り-
 昭和のいるこいる 漫才
 柳家権太楼  「天狗裁き」
 さん喬・権太楼 寄席の踊り(なすかぼ・奴さん)
 柳家とし松   曲独楽
 柳家さん喬  「ねずみ穴」

住吉踊り

●浅草演芸ホール 8月中席・昼の部

さようなら神田山陽

■SWAクリエイティブツアーVol.4

今日のお題は9月から1年間イタリア留学する「神田山陽」。各人が山陽に因んだネタを披露。しかしあたたかく送り出すなんてことはなく、皆俺が俺がとたっぷり演ってトリの山陽の持ち時間は12分。きっちり12分で終わらせてました。

昇太の講釈の後で山陽を聴くと、やっぱり本職の張扇の音はちがうなぁ。この間清水宏との会の時も思ったけれど、清水宏や昇太がいくら張り切って張扇を叩いてもぺちぺちした音しか出ない。山陽が張扇を手にすると、ぱしーんと会場がひきしまるようないい音。
イタリア中に張扇の音を響かせて、山陽がどう変わって(あるいは変わらないで)戻ってくるか、1年後のお楽しみ。


*新宿明治安田生命ホール

 柳家喬太郎 「不在証明」
 林家彦いち 「拝啓、南の島より」
 三遊亭白鳥 「幸せの黄色い干し芋」
 春風亭昇太 「レモン外伝」
 神田山陽  「花咲く旅路」

鈴本夏祭り

●第16回鈴本夏まつり

鈴本の夏は熱い。


*鈴本演芸場

 翁家和楽社中  太神楽
 柳家小太郎  「饅頭こわい」
 ニューマリオネット
 柳家三太楼  「宗論」
 柳亭市馬   「一目上がり」
 柳家小菊    粋曲
 柳家喬太郎  「夜の慣用句」
 古今亭志ん輔 「船徳」
  -仲入り-
 昭和のいるこいる 漫才
 柳家権太楼  「不動坊」
 さん喬・権太楼 寄席の踊り(奴さん・姐さん)
 柳家とし松   曲独楽
 柳家さん喬  「牡丹燈記」

サービス精神

■柳家三太楼・柳家喬太郎二人会

圓朝まつりでは先頭に立ってお客さんサービスにつとめていた、この二人。
今日も楽しい高座でお客さんを笑いの渦へ。
三太楼のひたすら明るい野ざらしが印象的。
喬太郎の「子は鎹」ではない子別れは、本人の言葉通り仕込み忘れか、はたまた計算したものか。今日は亀だけでなく母親の性格も変わってた。お江戸日本橋亭で観たときの方が、最後に三人でまた一緒におまんま食べようというシーンがいきてきて、好み。


*笹塚ファクトリー  19:00~

 柳家三太楼 「野ざらし」
 柳家喬太郎 「子別れ」  
  -仲入り-
 柳家喬太郎 「国民ヤミ年金」
 柳家三太楼 「船徳」

圓朝まつり

下駄でからから谷中の全生庵へ。ゴム張りなので牡丹灯籠のようにから~んころ~んとは鳴らない。
そうは言っても今日は圓朝まつり。是非ともから~んころ~んと響かせたいところ。

境内は芸人さんがいっぱい、お客さんもいっぱい。ホッピーとポップコーンを抱えて人波をかいくぐる。
志ん橋師匠の頭に引き寄せられ、手ぬぐい・福引き付きの福扇を購入。手ぬぐいは歌雀師匠、福引きで当たったのは鈴本演芸場の入場券。
才賀師匠の鋭い視線に気圧され、芸激隊のTシャツ購入。おまけにと貰ったのは海上自衛隊潜水艦救難母艦405ちよだ型のカフスとネクタイピン。

ゴミ隊パフォーマンスは人垣で見えず。幽霊画を眺め、本堂前でしばし風にあたった後、早めに切り上げ。と、往来に出たところでファンに囲まれサイン攻撃に遭っているキョンキョン発見! その輪に加わり写真を一緒に撮ってもらう。

駅までの道すがら、圓朝師匠の御利益があったかと下駄を鳴らしてみるも、やっぱりからから野暮な音。お露さんには程遠い。

反抗期の前夜祭

■神田山陽×清水宏「二人の反抗期Vol.1~怒りと悲しみの語り下ろし~」 

*笹塚ファクトリー  19:00~ 

 神田山陽「清水宏一代記」
 清水宏 「神田山陽一代記」
 神田山陽「ヒーロー実家に帰る(清水宏作)」
 清水宏 「森の石松外伝(神田山陽作)」
 神田山陽「花の中年走り書き」
 清水宏 「空飛ぶ江の電」
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。