スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪国たちきり

■第19回YEBISU亭

*恵比寿ガーデンプレイス ガーデンルーム  17:00~

 柳家初花・三遊亭王楽 なぞかけバトル
 柳家喬太郎・三遊亭白鳥・上妻宏光 コント
 柳家喬太郎「東京タワーラブストーリー」
 トークショー
  ~仲入り~
 三遊亭白鳥「雪国たちきり」


弥生3月最終日。
各寄席では余一会の特別興行が開かれ、あれも観たいやらこれも観たいやら。
別の会に行けばよかったかなあ、白鳥×喬太郎の組み合わせならこの先いくらでも機会があるだろうしなあ。
・・・なんていう気持ちで臨んだ本日のYEBISU亭。
結論から言うと、この会を選んで大正解!
意外なことに、白鳥の「たちきり」が本当に良かったのだ。

トークショーの最後に喬太郎が、トリは白鳥師匠が「たちきり」をやりますと言ったとき、会場がどよめいた。
たちきりなんて白鳥にやれるの?というクエスチョンマークが、おそらく全員の頭に浮かんでいたと思う。
さらに白鳥が、いつも古典落語をやるときはメチャクチャに壊すんだけど、今日はくずしません、宇宙人も出てきませんっと断言しても、どうせ白鳥のこと、違う噺になっちゃうんでしょとたかをくくっていた。

今宵の「たちきり」の舞台は白鳥の地元、新潟は高田という設定。
小糸は津軽から流れてきた若い芸者だ。
前半。丁稚の定吉の暴走ぶりはすっかり白鳥流で大いに沸かせる。
若旦那なんてビシバシ叩かれて耳から血がビューッと出て死んじゃうんですよ。
この辺りまでは、まだまだ前述の白鳥の言葉を信じていなかった。

ところが後半やられた。
百日目に蔵から出された若旦那が、雪解けでぬかるんだ道を小糸に会うため
こけつまろびつ駆け、白い足袋がみるみる汚れていく様が見える。
若旦那の想いが、白鳥のやや甲走った舌足らずな声で演じられると、とても素直に感じられる。

そして三味線。
小糸が、若旦那に会いたくて会いたくて、故郷の三味線の音色を聞かせたくて
聞かせたくて、線香一本たちきれるまでの間、ようやく会いにきてくれた若旦那のために鳴らした津軽三味線。
頭を垂れた白鳥の横で当代きっての三味線プレイヤー上妻宏光が、胸を掻きむしられるような調べを叩きだす。
なんて哀しく強い響き。なんて贅沢なたちきり。

会場がしんと静まりかえっていた。
噺が終わったときには、白鳥の本寸法の古典落語をもっと聞いてみたいと本気の拍手をおくった(後で後悔するかも)。

オープニングコントで登場した下座の白鳥ウメ婆さん(78歳)やトークショーについてもいろいろ書きたいけど、今日のところはこのへんで。
スポンサーサイト

師匠の背中

■第536回 三越落語会

*三越劇場  18:00~

 柳家小きち 「狸札」
 桂 平治  「親子酒」
 柳亭市馬  「大工調べ」
 柳家さん喬 「百川」
  ~仲入り~
 昔昔亭桃太郎「金満家族」
 橘家圓蔵  「死神」


4月号のかわら版で新真打ちの喬之助が、さん喬師匠のネタの中でも思い入れの
ある噺は手が出ない、自分は「按摩の炬燵」がそうだが、喬太郎兄は「百川」
「棒鱈」がやり辛いと言っていた、と語っている。
それを読んで、下北沢演芸祭で聴いた喬太郎の「百川」にスイングしていないなあと感じたことを思い出した。

で、師匠の「百川」。
笑った笑った。百兵衛さんのウッヒャはもちろん河岸の連中がいい。
百兵衛の田舎者ぶりと気の短けぇ江戸っ子との温度差があるほどに、笑いが増す。
弟子の前にそびえ立つ師匠の背中を越えて行け。

初めて聴く圓蔵の「死神」。
軽いの。明るいの。深刻さがないの。
呪文はむにゃむにゃと適当でいいし、死神は呼ぶとひょいひょい出てくるし、何より「死神」という話の軸であるお金や生に対する欲や執着が全然ない。
あっけらかーんと楽しい「死神」でございました。
「死神~火焔太鼓」のリレー落語も聴いてみたいなあ。

鶴の千三百五十八番

■第310夜 にっかん飛切落語会

*イイノホール  18:30~

 三遊亭橘也 「子ほめ」
 三遊亭幸二郎「猫の皿」
 柳家喬太郎 「ぺたりこん」
 三遊亭小遊三「厩火事」
  ~仲入り~
 林家きくお 「唖の釣」
 柳家小三治 「宿屋の富」


飯野ビル建て替えに伴い、イイノホールでの「にっかん飛切落語会」も
今年11月までだそうだ。
まだまだしっかりとした建物のように思えるが、完成後半世紀近く経ち、
いろいろ不都合もあるのだろう。
古い建物がなくなり景観も変わっていくのは仕方のないこととはいえ、少々淋しい気も。
願わくば、無粋なタワーなんかにならないでほしい。

この会恒例のプレゼントに初めて当たった。
「宿屋の富」をたっぷり楽しんだ後、こちらも当たり籤ならぬ当たりシール付きプログラムを握りしめ、受付でサイン色紙と交換。

町田タッチアンドゴー

■まちだ寄席「春」春風亭昇太・立川談春

*町田市民ホール  18:00~

 立川志の吉「松竹梅」
 立川談春 「大工調べ」
  ~仲入り~
 翁家勝丸  太神楽
 春風亭昇太「愛宕山」


せっかく町田まで行くんだから国際版画美術館へも、と思っていたのに時間がなくて落語のみ。

開口一番は立川市の基地。昭和記念公園。

マッサージをうけてふわふわの談春。
お客をぎゅうっと締め上げたり、どーんとぶつけるような噺はやる気がしない。
与太郎の出る噺でもと「大工調べ」<十分重いじゃねぇか!(by昇太)
この与太郎、相当のくせ者。
ただ棟梁の口まねをしているだけの与太郎さんとは与太郎さんの出来がちがう。
何が起きるかわかっていてわざと事態をひっかきまわし、さらには棟梁に向かって
「やめなよ」「子供の喧嘩みたい」。
棟梁の啖呵は見事見事。

太神楽の勝丸は初見。
カサのブランカももちろん初見。
夫婦の鞠が別れていますよ。
この会場、マイクが高座の台に直接置いてあるので、鞠を落とすと結構大きな音がします。
失敗続きでハラハラさせておいて、最後は万雷の拍手。

お金欲しい!という情熱あふれる昇太の幇間。
あいつは絶対もう一度、崖下に降りるな。

相撲賭博に野球賭博と大忙しのハンデ師に会ってみたひ。
夜明けのヴィシソワーズのお味はいかに。

チンパン探偵ムッシュムラムラ

■第6回夕刊フジ平成特選寄席

*赤坂区民センター  19:00~

 立川志らべ「浮世根問」
 柳家三三 「道具屋」
 柳家花緑 「お見立て」
  ~仲入り~
 柳亭市馬 「片棒」
 立川志らく「厩火事」


とりあえずメモ。
ナポレオンにはいいちこ、ビートルズにはオノヨーコ。浮世根問の天敵講座。
毛抜きで鼻毛を抜く仕草と表情が素敵。
ノリノリ市馬。
ケロヨンの洗濯おばさん 。謎。

ぴょこぴょこぴょこぴょこ、ぺけぺけぺけぺけ

■一龍斎貞水の会

*文京シビックホール  18:30~

 宝井琴調 「重成の堪忍袋」
 立川談修 「看板のピン」
 立川談志 「金玉医者」
  ~仲入り~
 談志・貞水 対談
 一龍斎貞水「緑林五漢録」より「扇町屋の邂逅」


舞台にあらわれたときは足元も危うく、言葉もすんなりと出て来ない家元。
しかし、着物の袖を奴さんのようにぴんと張って、ぴょこぴょこぺけぺけしている笑顔の可愛いことったら。
この笑顔にやられてしまうのよ。そしてはねつけられる。
冒頭のヤブ医者羅列のところで、大藪春彦ってぇのもいたな、ときたのがドクター・グラッチェよりも個人的にはツボ。

対談、というより、談志のお言葉を拝聴、といった体の対談を挟んで貞水先生。
獄門小僧初之介がお縄になって唐丸籠で運ばれる途中、一行が立ち寄った宿屋での奇縁宿縁。
初之介がこの世にただ一つ未練を残す、行方知れずの我が子の話を聞いていた若侍がもしやと名乗り出る。
その侍こそが谷に落とした我が子初太郎、そして後の天狗小僧霧太郎。

この「緑林五漢録」、5人の盗賊が互いに関わったり関わらなかったりしながら延々と続いて行くという、白浪もののいいとこばっかりくっつけた長いお話らしい。
天狗小僧霧太郎が育てるのが、かの鼠小僧次郎吉。
ただし、5人が一堂に会することはないそうな。
ほかの段も聞いてみたい。

骨上げを待つ時間

■立川志らく独演会 ~昭和の三大名人に挑戦~

*銀座ブロッサム  19:00~

 立川志ら乃「反対俥」
 立川志らく「心眼」
 立川志らく「お直し」
  ~仲入り~
 立川志らく「双蝶々」


ヘソをいじって快~感なおじさんたちの集まり、中央会館(by志ら乃)。
今回のテーマ「陰惨な噺をどこまで楽しくできるか」を、親戚一同で骨上げを待つ間の妙なテンションの上がりっぷりに例えてくるのが、志らくだなあと。
師匠の骨上げを待つ弟子一同は・・・とイケナイ妄想。

「双蝶々」のラスト。二羽の蝶々がひらひらと舞う。
とっても映像的で鮮やか。

帰るときに扉の近くに落ちている入れ歯を発見。
これが、かの大阪弁をべらんめぇに翻訳してくれる便利な機械か!

幸いわたしはちんちくりん

■落語教委員会

*なかのZERO 小ホール  19:00~

 コント   「人のコウザを聞く時は携帯電話の電源は切りましょう」
 林家きくお 「牛ほめ」
 三遊亭歌武蔵「五人廻し」
  ~仲入り~
 柳家喜多八 「笠碁」
 柳家喬太郎 「路地裏の伝説」


柳宮喜多八殿下の小刻みなゆれにつられてしまう。かたかたかた。
売り言葉に買い言葉、大ザル大ヘボと喧嘩別れ。
互いに相手が気になりながら、素直になれない笠かぶり。
いい年こいた大人の意固地が、無愛想な喜多八の表情とゆれで振り幅を広げていく。

本日も出囃子は「怪奇大作戦」の喬太郎。よっ、恩田えり!
落語教育委員会東北巡業のご報告。
新庄に行ったら、急行食堂へ直行だ。
出前は急行、味は特急、値段は三等。ヨネスケのお墨付き。

風邪ひくぞおじさんが、喜多八の身体をもって真に迫る恐怖。
すれ違い様に、味噌カレー牛乳ラーメンバター入り、を、三つ。


<追記>
検索したらすぐに出てきた急行食堂。
http://www3.ic-net.or.jp/~nya-ju/shop/kyukou/kyukou.html

志らくの映画は入っていません

3月の日本映画専門チャンネルは渋谷区長候補による落語映画セレクト。
http://www.nihon-eiga.com/rakugo/index.html

森繁久彌、藤山寛美演じる桂春団治、渥美清の三遊亭歌笑、金語楼の「山下ケッタロー」、
動く志ん生など、お楽しみ満載でございます。


「世にも面白い男の一生 桂 春団治」(モノクロ・1956年・109分)
 監督:木村惠吾
 出演:森繁久彌/淡島千景/高峰三枝子/八千草薫

「色ごと師春団治」(モノクロ・1965年・91分)
 監督:マキノ雅弘
 出演:藤山寛美/長門裕之/南田洋子/藤純子

「おかしな奴」(モノクロ・1963年・112分)
 監督:沢島忠
 出演:渥美清/三田佳子/南田洋子/田中邦衛

「羽織の大将」(モノクロ・1960年・109分)
 監督:千葉泰樹
 出演:フランキー堺/加東大介/団令子/原知佐子

「の・ようなもの」(カラー・1981年・105分)
 監督:森田芳光
 出演:伊藤克信/秋吉久美子/尾藤イサオ/鷲尾真知子

「金語楼の三等兵」(モノクロ・1959年・73分)
 監督:曲谷守平
 出演:柳家金語楼/坊屋三郎/池内淳子/川田孝子

「泣き笑い地獄極楽」(モノクロ・1955年・57分)
 監督:浜野信彦
 出演:船越英二/伏見和子/霧立のぼる/古今亭志ん生

「鬼の詩」(カラー・1975年・94分)
 監督:村野鐵太郎
 出演:桂福団治/片桐夕子/中原早苗/井川比佐志

「陸軍落語兵」(カラー・1971年・85分)
 監督:弓削太郎
 出演:高島忠夫/桂南笑/松坂慶子/春風亭柳昇

「与太郎戦記」(カラー・1969年・84分)
 監督:弓削太郎
 出演:フランキー堺/南美川洋子/露口茂/柳家金語楼

「続・与太郎戦記」(カラー・1969年・81分)
 監督:臼坂礼次郎
 出演:フランキー堺/伴淳三郎/南美川洋子/成田三樹夫

「新・与太郎戦記」(カラー・1969年・88分)
 監督:田中重雄
 出演:フランキー堺/船越英二/伴淳三郎/南美川洋子

「与太郎戦記 女は幾万ありとても」(カラー・1970年・86分)
 監督:弓削太郎
 出演:フランキー堺/長門勇/玉川良一/長谷川待子

雌しべの身悶え

起き抜けに、一くしゃみ、二くしゃみ、三くしゃみ。
とうとう花粉症にとっつかまったか。

目が。
鼻が。
粘膜が。
ああ!

花粉よ花粉よ花粉さん。
やめて。
あたしに襲いかからないで。
いくらあたしに降りかかってもダメなのよ。
あたしはあなたに相応しくないオンナなの。
だって、あなたの子供は産めないもの。
あなたにお似合いの娘を見つけなさい。






ある朝目覚めて。
へそから杉の若芽がぴょこんと顔を出していたらどうしよう。

猫とバカは高いところに

特別展「江戸城」

*江戸東京博物館 1階企画展示室
 2007年1月2日(火)~3月4日(日)


江戸城の天守は随分と大きかったんだなあ。
ここから眼下を睥睨すれば、さぞ民草がちっぽけに感じられよう。上へ上へと昇りたがる輩は、今や世界中にのっぽのビルをおったてている。
建築図面の大棟梁の文字に興奮。いいなあ、大棟梁。

ミュージアムショップで売っていた火打石セットがほしいほしいほしい。

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。