スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忘れる忘れる

■年忘れ!市馬落語集~日本橋編

*お江戸日本橋亭

 柳亭市朗「やかん」
 柳亭市馬「宿屋の富」
  ~仲入り~
 なつかしの歌声
 お客様と共に オールリクエスト特集
スポンサーサイト

チケット供養

悪い魔女の呪いにかかり、久しぶりの高熱。
おかげで談志の芝浜、談春のまっくら落語、市馬の歌謡ショーを聞き逃す。
悔し涙か鼻水か、しょっぱさをを飲み込み、魔女への復讐を誓う。

この一年。
いろんなものを観たけれど、行けなくなったもの、無駄にしてしまった
チケットも数多く。
仕事の都合で諦めた日もあれば、台風に吹き飛ばされた日もあり。
体力不足に泣いたこともあれば、急な訃報で泣いたこともあり。

そんなこんなで、チケットを取りながら行けなかったものの総数が
一年間で23公演。
心も痛いが財布も痛い。

過ぎにし日付のチケットを、まとめて供養お焚き上げ。
そして明日こそは、今年最後の市馬落語集で、
ジングルベルより俵星玄蕃なクリスマスイブを。

一周年

■虹とライオン ライブ

*大久保水族館

二本のギターのバランスが、とってもいい感じ。
これまで、どちらか片方が突出して片方は全然聴こえないことが多かったから。
おかげで、TAROさん、こんな細かいいい音出してたんだーと、再認識。
神経をざわつかせるようなこの音が、虹とライオンを虹とライオンたらしめてる。

デビューライブから一周年。
ギターの音が、まだ耳に残っている。

師は走り

■とみん特選小劇場 第27回 柳家喬太郎独演会 夜の部

*紀伊國屋ホール  18:30~

 柳家喬太郎「道灌」
 柳家さん弥「野ざらし」
 柳家喬太郎「すみれ荘201号室」
  ~仲入り~
 林家二楽  紙切り(桃太郎、お正月、亀田と朝青龍、ウルトラ紙切り、少年時代)
 柳家喬太郎「文七元結」


カリギュラを知ってる長屋の連中って、相当なレベル。

そういえば、喬太郎の「文七元結」を聴くのは、初めてじゃないだろうか。
夜の吾妻橋。
俺だってやりたくねえ。でもお久がここにいたらやってくれって言うんだよ。
絞り出すような父親の思いが、効いていた。

八っつあんの骨釣りと一緒で、押して押して押しまくって、客に引かれるレレレのさん弥。
たまには糸を引いてみるのもどうだろう。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。