スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雷と塩辛と

魚屋のおっちゃんの口上にのせられてつい財布を出してしまった我が家には多すぎる烏賊を、半分は昨夜のうちに刺身に造って食べ、残りとゲソは塩辛にし、ただいまちゅぴちゅぴつまんでいる。
片手に芋焼酎、膝上に今月の別冊太陽「内田百間」。

お月様が隠れたら、夜は真っ暗になってしまうという百間先生の間の字は門構えに月だが、悲しいことにMacでは表示されない。
今夜はお月様が隠れているどころか、遠くで先生の大嫌いな雷まで鳴っている。

生誕120年記念の特集は、見たことのある写真や見たことのない写真がたくさんで、頁の順番を無視してあちらこちらを開く。
お馴染みの口をへの字に曲げた先生もいれば、若かりし日に流行の口ひげを生やしてすましている内田栄造もいる。
清子夫人にこひ夫人がいる。
ノラがいなくなった時の尋ね猫広告も大きく載っている。

先生が毎日食べたいものを記してこひ夫人に渡していたという膨大な献立メモ。
右から左へ10~20品目もの食べ物がつらつらと書かれたメモの字は、几帳面ながらどこか子供っぽさを残している。塩辛の文字は見えない。
側近くで暮らす人たちはさぞ大変だったろうと思いつつも、平目お刺身、小鯛蓋附、半ぺん、サラダ、パセリと並んだその文字に、何だかうふうふと嬉しくなった。

開け放った窓の外から、またも雷の震える音。
先生が首をすくめるぞと頁をめくったら、肝をたっぷりまとった塩辛が塗り箸からすべり落ちて、先生の顔の上に鎮座した。


内田百けん―イヤダカラ、イヤダの流儀 (別冊太陽)内田百けん―イヤダカラ、イヤダの流儀 (別冊太陽)
(2008/08)
不明



スポンサーサイト

18


「大宮!」と私は叫んだ。「そんなところにいたのか」
「妓が日本語を知らないんだ。鍵をあけそうになったから、ここへ這い上がったんです。ここからは全部の部屋が見えますよ。中尉殿も、班長殿も、上の方を見なかった。人間てそういうものですかね」
 私は、そんなことはない、と思った。空を、雲を、夕映えを、私はずいぶん好きで、眺めたものであった。妓がけらけらと笑い出した。


 ―『兵隊やくざ 貴三郎一代』有馬頼義

IGF

IGFプロレスリング「GENOME6 闘魂BOM-BA-YE」

*両国国技館 18:00~

妹が高校卒業直後に巨人軍のキャンプでゴジラ松井を見て「とても同い年とは思えない!」と叫んでいたが、ネクロブッチャーが同い年だと教えてやったらどういう反応をするだろう。


盆の入り

盆の二人会

*国立演芸場

 立川春太「十徳」
 立川談春「替り目」
 柳亭市馬「宿屋の仇討ち」
  ~仲入り~
 柳亭市馬「かぼちゃ屋」
 立川談春「白井権八」


皆の衆でご先祖様を陽気にお迎え。

精神修養

盛夏吉例 圓朝祭

*よみうりホール

 入船亭遊一「たらちね」
 入船亭扇辰「麻のれん」
 柳家喬太郎「怪談牡丹燈籠 刀屋」
 林家木久扇「彦六の怪談」
  ~仲入り~
 加藤武   朗読「五彩糸 扇一本舌三寸」(正岡容作『小説・圓朝』より)
 入船亭扇橋「怪談牡丹燈籠 お札はがし」


木久ちゃん以降つらい。ひたすらつらかった。
お客の修行の場か。

夏の思い出

夏がくーれば思い出すー
あれは何年前のことだったか。
家に帰ると夫が「鋏借りたよ」と言う。
何の気無しに、ほんとに何の気無しに「何に使ったの?」と訊いたのが大間違いだった。

「チン○切った」
「は?」
「暑かったからチ○毛切った」
「えーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーっ!」
「ばっつんって切ったら坊ちゃん刈りみたいになっちゃった。きゃは☆」
「………」

よくも人の鋏で。
小学校入学時からずっとずっと使っている大事な鋏で(そうでもないけど)。
なんて可哀想なわたしの鋏…。

以来、そのハサミは我が家で「○ン毛鋏」と呼ばれていることは言うまでもない。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。