スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西荻窪、南口

きれいに晴れた土曜の午後、西荻窪へ。
週に一度は訪れていた西荻の街ともすっかり縁遠くなり、それでも北口方面はたまにぶらつくこともあったものの、南口に足を向けるのは実に十年ぶり。

初めましての店が二軒。まずはセレクトCDショップ雨と休日へ。壁に沿って適度な間隔にCDが配置されている。ひとりの夜に、ふたりの朝に、静かに流したくなる音楽の数々がまさに“選ばれた"という趣き。斜向いのにわとり文庫はこじんまりとした可愛らしい古本屋で、本の並びも好み。近所にあれば通い詰めてしまうだろう。

それから路地をついと入り、西荻に来ると必ず立ち寄っていたねこの手書店へ。店内は十年前からほとんど変わった様子がなく。そうそう、いつもこの左っ側のミステリーコーナーで創元推理文庫やハヤカワミステリ文庫を物色した後、次に奥の文庫本エリアをうろうろ、最後に右っ側の単行本や美術書、雑誌類をとっくり眺めて出てきたっけ。

バス通りに向かうと角の新星堂が見えてきた。まだあったんだと思いきや、明日でおしまいの閉店セール。買いそびれていた喬太郎を30%OFFで4枚、ここでCDを買うのも最初で最後。

通りをわたって裏道をてくてく、スコブル社に辿り着く。本の迷宮のようだったこちらは迷宮度がさらに高まり、あちらこちらで雪崩が起きている。確か以前は通路もう2本分くらいは行き来できたはず。迷宮から老いぼれグリンゴを救出して、スコブル満足。

それから再び駅のほうへ向かう。洒落た小さな食べ物屋がたくさんできている。駐車場で身を丸めている白黒の斑猫に挨拶したら、シッポを高々と掲げ肛門を見せつけられた。やーねー。

中央線をくぐり北口、古書音羽館。いつきてもハズレがなく、今日もコミさんの本と古い中公文庫を数冊。もし宝くじに当たるようなことがあれば、店ごと買う。宝くじ買ったこともないくせに、そんな妄想を掻き立てられる。

それにしても十年かー。声に出して呟くと、十年前とやってること変わってないじゃん古本屋行って古本屋行って古本屋行って…とすかさず横から突っ込まれる。十年前から成長してないってこと?と問うたところ、十年前から中身がオッサンだったってこと、と返された。

そして今、雨と休日で手にしたビル・エヴァンスを聴きながら日記を書いている。子供の声の混じったChildren's Play Songがとても美しく、満月に映えている。


西荻南口


スポンサーサイト

ZIZI

先日のCat Powerのライブ。
まるで大勢の視線に晒されているのが耐えられないかのように落ち着きなくうろうろと動き回り、ときにはステージの奥で身を隠すようにしながら歌うショーン・マーシャルの足元は、白い靴。
ショーンが右へ左へ動くたびに、白い靴も跳ねる。歌声とともに、白い靴が脳裏に刻まれる。
その夜家に帰ると、ライブの興奮醒めやらぬまま白い靴を注文してしまった。

repetto


repettoのZIZI。箱を開けると可愛らしいピンクの紙に包まれた新しい真っ白な靴が。しなやかですぐに足に馴染みそうに軽い。
一瞬、もったいなくておろせないと思ったが、この写真を見て勇気がわいた。

serge

ゲンズブールのワードロープには同じ靴が20足以上並んでいたそうだ。
指の形がくっきり浮き出るまで履きたおそうか。

μ

ircleのミニアルバム 『μ ミュー』が明日1月20日より全国発売されます。
『未来』『TINA』ときて今回の『μ』。より研ぎ澄まされた言葉と音に撃ち抜かれること必至。

今回、我が家の絵描きはジャケットに加え、収録曲「P.S.」のミュージック・クリップの作画を担当いたしました。


P.S.

ircle | MySpaceミュージックビデオ



初めて見たとき、なんかね、感動してしまいました。TAIZANの絵が動いてる!うわぁって。感動。月並な言い方ですけど。


myu


タワーレコードで購入すると特典ステッカーがつくらしいですよ。

青い炎

JAPAN TOUR 2010 CAT POWER and DIRTY DELTA BLUES

*O-EAST  18:00~


青い炎のようだった。
燃え盛る赤い炎より静かな青い炎の方が温度が高いという。
彼女の声に身を委ね、波間にたゆたう小舟のごとく揺られているうち、青い炎で耳を焼き尽くされてしまったのだろう。
いつまでも彼女の声が耳に残る。いつまでも彼女の吐息が耳をくすぐる。

ステージから投げられた花を手土産に帰る。一輪一輪慈しむようなその花の投げ方がまた、彼女らしく微笑ましかった。


catflower

魚肉饅頭

風邪で寝込んだ平日。
枕から頭は上がらねども本は読めると北方水滸伝を再読。
男たちが朱貴特製の魚肉の饅頭に食らいつくたびに、口の中に唾がわく。どんな味がするのだろう。
たまらなくなって肉まんを買ってきてもらい、布団の中でアツアツの肉まんに食らいつく。
魚の味はしない、もちろん。それでも梁山泊の一員になったような気分にちょっとだけ浸り、腕に流れてきた肉汁を舌先でなめる。うまいうまい。

しまった。全巻読み終わる前に全快するとは。

初笑い

新春落語教育委員会

*東京芸術劇場 中ホール  19:00~

 コント
 柳家さん弥 「金明竹」
 柳家喬太郎 「竹の水仙」
  ~仲入り~
 三遊亭歌武蔵「長短」
 柳家喜多八 「寝床」


この寒さで舟徳とはこれいかに。竹屋のおじさ~ん。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。