スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絶景かな絶景かな

■寿新春大歌舞伎 昼の部

*歌舞伎座

 一、猩々
 二、一條大蔵譚
    檜垣
    奥殿
 三、けいせい浜真砂
 四、新皿屋舗月雨暈 魚屋宗五郎
 五、お祭り


今月は浅草も新橋もあるし行かないつもりだったのに、サライの歌舞伎特集で御年88歳になる雀右衛門が、
「ああ女形ってこういうものかとわかってきたのはつい最近、80歳を過ぎてから。」
と語っているのを読み、急遽駆け付けてしまった歌舞伎座 寿新春大歌舞伎。

雀右衛門、久しぶりの本舞台は『けいせい浜真砂』女五右衛門 南禅寺山門の場。
澄んだ析の音とともに浅葱幕が落とされると、満開の桜にけぶる舞台に鮮やかな南禅寺山門。
瞬時に芝居の世界へ。
そこに陣取る女五右衛門 真砂路の雀右衛門、銀煙管を片手に辺りを睥睨し「絶景かな絶景かな」。

声が細い。動きも最小限。
幾重にもかさねる女形の衣装と鬘を身に付けて立つだけでも、米寿の身体には相当の負担だろう。
いかに麗しい化粧でも老いは隠せない。

それでも確かに、真砂路がそこにいる。
セリ上がった山門の上と下で、親の仇、真柴久吉と対峙する真砂路の姿の強さと美しさ。
大向こうの「京屋!」の声が降るように注がれる。
わずか10分ほどの短い舞台に、身震い。

その他、吉右衛門演じるつくり阿呆のお公家さん、一条大蔵卿が絶品。
この阿呆は癖になるぞよ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。