スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小米朝×吉弥×吉坊

■噺小屋in池袋「上方落語の花形来る!」

*東京芸術劇場小ホール2  18:30~

 桂吉坊 「正月丁稚」
 桂吉弥 「千早ふる」
 桂小米朝「くしゃみ講釈」
  ~仲入り~
 桂吉坊 「池田の猪買い」
 桂吉弥 「七段目」


舞台から生えてきた吉坊。
以前聴いたときよりも喉が安定し、めりはりがきいている印象。
(初めて見たときは変声期前の少年かと思った。)
二席とも初めて聴く噺で(「正月丁稚」は東京だと「かつぎや」になるのか?)、上方落語の会にきたという気分を満喫。

大河でしか知らなかった吉弥も、いいなぁ。
「七段目」の芝居っ気たっぷりの演じ方に、「地獄八景・・・浮世百景」も見てみたくなりました。

若旦那は、どこをどう切っても若旦那。
金太郎飴の若旦那よりの伝言。
今日はモーツァルトの誕生日だそうでございますよ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。