スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸時代の娘っこは海老さま萌え~とか言っただろうか

■芸術祭十月大歌舞伎 夜の部

勘平を演じる仁左衛門が、非常に優美で神経の行き届いた演技を見せる。
水浅葱の紋付きに、乱れた髪がはらりと顔にかかる姿は、これぞ二枚目と
いう爽やかな色気。
高めの声が役に合っていて、60過ぎとは思えない瑞々しさ。

海老蔵の定九郎、落語にもなっている初代中村仲蔵が工夫したという拵えが、ぞっとするような悪の美。黒紋付からのぞく白塗りした手足。
その青白い腿へしたたり落ちる真紅の血。
やはりこの人の眼力はただ者じゃあない。血走った目、破れ傘を手に見得を切る場面は、浮世絵からそのまま抜け出てきたようだ。
ただ一言の台詞「五十両」も、陰にこもった響きで迫力十分。

歌舞伎の様式美と、その様式美を十二分に体現した役者の魅力を
心ゆくまで堪能。江戸時代の娘っこがきゃあきゃあと芝居に夢中になった気分がよくわかる。

初鰹の季節の髪結新三。
落語と違い、季節感はあまり重要じゃあないのかな、歌舞伎って。
初心者の素朴な疑問。


*歌舞伎座  16:30~

 一、仮名手本忠臣蔵
   五段目 山崎街道鉄砲渡しの場・二つ玉の場
   六段目 与市兵衛内勘平腹切の場

 二、梅雨小袖昔八丈 髪結新三
   序幕  白子屋見世先の場・永代橋川端の場
   二幕目 富吉町新三内の場・家主長兵衛内の場・元の新三内の場
   大詰  深川閻魔堂橋の場   

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。