スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

似てる

■桂雀々 落語のひろば vol.14

枝雀という西の奇才の弟子である雀々の会に、談志という東の鬼才の弟子で
ある志の輔がゲスト。

雀々、噺に入る前、やっぱり弟子というものは師匠に似てくるんでしょうか、
志の輔さん、まだ来てはらしまへん。

一席終えたあと師匠を感じると言われた志の輔、古典ならともかく新作で
そう言われるとは末期症状だと苦笑しつつ、噺をつくるとき登場人物の中に
談志が入ってくるんだと自己分析。

指の形や足の開き方が師匠にそっくりで時々恐くなる、という雀々。
「蛸芝居」の蛸の顔も、ほんと枝雀だ!と思ったよ。
談志と一緒に仕事をしたとき、枝雀のことをいろいろと聞かれたそうだ。
談志は落語について枝雀ともっともっと語り合いたかったろう。
で、次のこの会のゲストは談志に決定(笑)。
実現するかどうかはお楽しみ。


*千代田区立内幸町ホール  19:00~

 桂吉坊  「商売根問」
 桂雀々  「不動坊」
  ~仲入り~
 立川志の輔「買い物ブギ」
 雀々・志の輔 対談
 桂雀々  「蛸芝居」

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。