スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀座は内幸町にも冷たいんだろうか

■第2回楽橋亭 鯉昇・喬太郎二人会

*内幸町ホール  18:30~

 瀧川鯉斗 「動物園」
 瀧川鯉昇 「千早振る」
 柳家喬太郎「心眼」
  ~仲入り~
 柳家喬太郎「いし」
 瀧川鯉昇 「御神酒徳利」


「千早振る」を解説するご隠居。
腕をこの高さまであげて、
ここで90度曲げて、
で、ここで一回転。
高さが重要。

ナイル川、インダス川、チグリス・ユーフラテス川ときて、黄河はちょっと違う。
とぼけた顔で人をくうのは、ご隠居なのか、鯉昇なのか。

銀座は京橋とは手を組むが新橋とは一緒にされたくない、銀座ナインの不明確な
存在等々、いつものまくらからまさかの「心眼」。
梅喜の心の奥底が、今まで聴いた中では一番伝わってきた。

新橋地下の天狗を探そうかと思ったが、寒さで早々に和民に逃げ込む。
ホッピーホッピーまたホッピーで、落語よもやま話。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。