スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

獏が喰うのは新作楽語

■SWA 獏噺の会

夢枕獏がSWAの面々のために書いた新作楽語を実際に演じる試み。
台本は、小説すばるに連載されたあと、「楽語・すばる寄席」というタイトルで一冊の本にまとまっている。が、未読。会場で全員(SWAメンバー+獏)のサイン入り本を売っていたので、とりあえず購入。

たぶん獏氏は、メンバーそれぞれの顔や声や仕草やあれやこれやを思い浮かべながら書いたんだろうな。どの噺も、その人のキャラクターに合った噺だった。実際の高座が、台本にどれだけ忠実か、どれだけ違っているのかは、本を読んでからのお楽しみ。

しかし、作者が客席で観ているせいもあってか、自身で作った噺をやっているときよりは、台本に振り回されているような印象が全体に強かったが、その中では喬太郎は出色の出来。会場の空気が変わった。

最後には神田山陽まさかの乱入劇もあり、新たな門出の夜。


*国立演芸場  18:00~

 対談
 林家彦いち「史上最強の落語」
 三遊亭白鳥「カニの恩返し」
  ~仲入り~
 春風亭昇太「ウルトラマンはどこですか」
 柳家喬太郎「鬼背参り」
  * * * * *
 神田山陽 「安倍清明化鼠退治」

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。