スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

75歳のアナーキー爺

■川柳川柳落語会 CD第2弾発売記念&祝生誕75年

本日より、川柳川柳師匠のニューアルバム発売開始。
先行予約していたCDと携帯ストラップも無事到着し、独演会にも行ってまいりました。

今日の師匠のお召し物は、何色っていうのか、ちょっとくすんだような紫がかったような薄紅(京塚昌子が着てそうな着物の色)に、濃い鼠色 の八掛。薄いグレーの羽織の、ちらりと見えた裏地が明るい若草色で、春らしい装い。

風邪で声の出が普段の八割といいつつ、前半はおなじみ「ガーコン」をたっぷり一時間超。後半はわか馬さん、つくしさんを従えて歌謡ショー。
古典は前回の独演会で懲りたのか、無し。

以下、今日の川柳語録。

・ガーコンで、戦時中は軍歌以外の音楽は流れなかったといっているのは大嘘

・毛唐の音楽は昔の曲でも古く感じない

・みんなどうせシャレで生まれてきたんだから、目の色変えて人生をおくるこたあない

・客を心配させるのは楽しい

・身長159センチ

・次は喜寿の会だな

毎回毎回、同じ噺を聴き、同じ歌を聴き、どうしてこんなに飽きずに楽しめるんでしょ。しかしわたしなんざ、まだまだひよっこ。客席のご年輩の皆様は、ガーコンを何十年も聴き続けているんだろうから。

会場で携帯ストラップをもひとつ購入して、早速携帯へ。


*なかの芸能小劇場  19:00~

 川柳つくし  「彼」
 鈴々舎わか馬 「馬大家」
 川柳川柳   「ガーコン」
  ~仲入り~
 歌謡ショー  和洋名曲集

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。