スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナログミステリアスナイト

■喬太郎ミステリアスナイト・アナログバンドを迎えての二夜

二日続けて「東京タワーの歌」を聞くと、細胞レベルまで浸透してしまうのね。
気付くと口ずさんでるたわーたわー。恐るべし、一億人の鼻歌。

ねこマジもよかったですが、ペーソス、好きですねえ。
五十男の哀愁がこんな素敵な歌になるとは。
ヴォーカルは島本なめだるま親方という、その筋では有名なお方らしい。
小生、愚息を持ち合わせておりませんので、ご高名を存じあげませんでした。昇天。
豆腐ラッパがほしくなって、家へ戻り早速ネットで検索するも売り切れ・・・。

ゲストに負けじとばかりに、東京ホテトル音頭、大江戸ホテトル小唄、東京イメクラ音頭と歌いまくりの喬太郎。
噺のほうは迷走中でしょうか。聴かせるところは流石なんだけれど消化不良感が。
噺全体よりくすぐりの印象が強く残ってます。
たしかに、そのくすぐりだけで爆笑しちゃうんだけどね。



*1/11 東京芸術劇場・小ホール  19:00~

 寒空はだか  歌う漫談
 柳家喬太郎 「寝床」
  ~仲入り~
 ペーソス
 柳家喬太郎 「今できた新作と東京ホテトル音頭」


*1/12 東京芸術劇場・小ホール  19:00~
 
 寒空はだか  歌う漫談
 柳家喬太郎 「おせつ徳三郎」
  ~仲入り~
 ねこマジ
 柳家喬太郎 「一日署長」

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。