スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若く明るい歌声に

■柳亭市馬リサイタル

談志を蹴って行きましたよ。
噺家生活25周年記念特別公演ですよ。次は25年後ですよ。
フルバンドをバックに従え歌うんですよ。
しかも落語をやらないんですよ。川柳師匠だって半分は落語やったのに。
となれば、見逃すわけにはまいりません。

午後7時。第1部、歌謡浪曲の世界は「ちゃんちきおけさ」で華々しくスタート。藤色の紋付きに亀甲文様の袴姿(晴れ着の丸昌で借りたらしい)で登場し、続く「俵星玄蕃」ものびのびとした明るい歌声。10日前、声が出なくなって寄席を休んだお方とは思えません。

第2部は昭和歌謡大全集・春日八郎ヒットパレード。尊敬する人はとインタビューで聞かれると、師・柳家小さんの名はおくびにも出さず春日八郎と答えるほどの市馬師匠。ダブルのスーツの襟に花を飾り、クミ伊藤とニューサウンズオーケストラの演奏で、数あるヒット曲の中から選りに選った6曲を披露。
隣のおじさんがもみ手で手拍子。やっぱりこうでなきゃねと早速真似しようとしましたが、慣れてないと難しい。来年の課題はもみ手の修得に決定。

休憩をはさんで第3部。昭和45年の東京12チャンネル「なつかしの歌声・年忘れ大行進」を再現とのこと。
初っ端はこの1曲のためだけに燕尾服に身を包み、東海林太郎の「赤城の子守唄」。背筋がぴんと伸びています。着替えた後はディックミネ「愛の小窓」、灰田勝彦「野球小僧」、田畑義夫「玄海ブルース」などなど。市馬師匠の顔が晴れやかに輝いています。
私個人的には知ってる曲のほうが少ないのですが、そんなことはどうでもよろしい。知らなくたってこんなに楽しいのですから。似非コロムビアトップ・ライトの司会も素晴らしい。

最後は藤山一郎「東京ラプソディー」、アンコールで「青い山脈」を熱唱。25年に一度の貴重な夜が、若く明るい歌声とともに幕を閉じたのでした。


*なかのZEROホール  19:00~

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。