スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

教育的指導が必要

■落語教育委員会 番外編

柳家喬太郎、三遊亭歌武蔵、柳家喜多八の三人会、落語教育委員会へ。昨夜はいつものなかの芸能小劇場でなく博品館劇場での開催。

この会では毎度おなじみ、落語の前に「携帯電話の電源を切りましょう」キャンペーン。
今回の寸劇は、落語家を破門になり着物一枚と最後のドーナツを袂に路頭に迷う喬太郎に、しっかりと頑張るんだよと励ます白塗りに赤いほっぺの歌武蔵姐さん。(元相撲取りの歌武蔵、白塗り1個じゃ足りなくて2個買ったらしい。)
歌武蔵姐さんにもらった携帯で仕事を取り、すっかり立ち直った喬太郎がサンタの衣装に三度笠姿であらわれる。と、命の恩人の姐さんが悪い借金取り喜多八に苦しめられている。斬り合う喬太郎と喜多八。そこへ携帯電話がプルルプルル。携帯に出たばっかりに喜多八は斬られてしまいましたとさ。返す刀で歌武蔵姐さんまで斬り捨てたけどね。

これだけ念入りに電源を切るようにと言っているのに、携帯鳴らす奴がいるのが驚き。今度から、携帯が鳴ると前座がわらわらとよってたかってそいつをかつぎ出し、即刻退場というのはどうでしょう。突然ガバチョか。


*博品館劇場  19:00~

 寸劇    「一本刀土俵入」
 柳家初花  「金明竹」
 柳家喬太郎 「按摩の炬燵」
  ~仲入り~
 三遊亭歌武蔵「母恋いクラゲ」
 柳家喜多八 「うどんや」

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。