スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぶらりと

●鈴本演芸場 11月上席・夜の部

路線バスの旅の途中で鈴本に寄り道。

開口一番は市馬師匠のお弟子さんの市朗さん。上下をきるのに合わせて目玉が右左へすっごく寄るのが気になります。何の噺だったか思い出そうとしてますが、あのよく動く目玉ばかりが脳裡に浮かんで噺はちっとも思い出せません。ご隠居さんのところに熊さん(八っさんだったかも)がやってきて、何か教わるんですよ。そんな噺いくらでもありますがな。子ほめじゃなくて、あ~何だったかな。(追記:「道灌」でした)

燕路師匠はつつーっと流れるような小気味のいい「粗忽長屋」。
市馬師匠「掛取り」は相撲甚句で借金取りを追い返す。ほんとうにいい声。やっぱり年末のリサイタル、談志を蹴って行くべきか。
一朝師匠「蛙茶番」は初めて聴く噺。こういうくだらない噺、好きだなあ。下のお話なので、戦時中は禁演だったらしい。

仲入り後の菊之丞さん。ご本人が役者絵のような顔立ちだから、山車の上の人形がキコキコ動く場面は大はまり。
トリの喬太郎師匠は風邪をひいているそうで、噺の途中で何度も咳き込みながらの「錦の袈裟」。喬太郎の演じる与太郎ってたりない子という印象が強いので、そいつが吉原行きたがったりカミさんがいたりすると、ちと気持ち悪いかも。

今日は落語を聴くつもりは全然なかったのに、なぜか引き寄せられてしまった。楽しかったー。
以前はホール落語ばかりでふらっと寄席に入ることは全くなかっただけに、不思議な気持ち。またぶらりとこよう。


*鈴本演芸場

 柳亭 市朗  「道灌」
 林家 ぼたん 「転失気」
 アサダ二世   奇術
 柳亭 燕路  「粗忽長屋」
 柳亭 市馬  「掛取り」
 あした順子ひろし 漫才
 林家 正雀
 春風亭一朝  「蛙茶番」
  ~仲入り~
 古今亭菊之丞 「片棒」
 翁家和楽社中  太神楽
 柳家喬太郎  「錦の袈裟」

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。