スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶がもやもや

●浅草演芸ホール 9月下席・昼の部

台風に負けず浅草へ。お饅頭だのきんつばだの仕入れてから浅草演芸ホールへ入場。
連休中のせいかお客さんもいっぱい。

以前はお目当ての人をホール落語でじっくり聴くのが好きだったが、最近は寄席で入れかわり立ちかわり出てくる芸人さんを眺めるのが楽しい。心地よすぎて眠っちゃだめよ。
前座の左吉さんはちょっと偉くなったのか、高座返しに出てこない。残念だなあと思っていたら川柳師の「ガーコン」の後に現れた。座布団を返すときにパチンと指を鳴らす仕草。バカだねぇ。いやいい意味で。

終演後、演芸ホールの看板を見ていると、おっちゃんが寄ってくる。落語好きなの?おじちゃんと一緒に落語見ない?だってさ。小さくて赤ら顔で頭つるつるで、いかにも浅草の飲み屋に棲息してそうなおっちゃん。
面白そうだけれど丁重にお断りして、渋谷へ出る。へべれけになるまで飲む。

翌朝目が覚めたら、足に大きな青あざが。どこでこしらえたもんやら。
日記を書こうとすると、出演者の記憶も曖昧になっている。もう1人ぐらい出たような気が。「権助提灯」も聴いたような気が。

もうちゃんぽんで飲むのはやめましょうと、いつまでもつのかわからない誓いをば。


*浅草演芸ホール

 春風亭一左   「寿限無」
 初音家左吉   「垂乳根」
 林家彦丸    「」
 柳家紫文     鬼平
 桂 扇生    「魚根問」
 橘家文左衛門  「穴子でからぬけ」?
 古今亭菊朗   「一目あがり」
 すず風にゃんこ金魚 漫才
 古今亭志ん輔  「宮戸川」
 川柳川柳    「ガーコン」
 林家正楽     紙切り(相合傘、紅葉狩り、モリゾーとキッコロ、すし屋の職人)
 柳家三語楼   「替り目」
 入船亭扇橋    浪花節
 鏡味仙三郎社中  太神楽
 古今亭志ん駒
 柳家さん喬   「そば清」
  -仲入り-
 古今亭駿菊   「ざるや」
 松旭斎美智    マジック
 春風亭一朝   「無精床」
 三遊亭円丈    リクエスト
 大空遊平かほり  漫才
 林家正雀    「名人小団次」
 大喜利      風流寄席の手踊り
 

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。