スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同時代を生きる

■懐かしの映像とともに

志ん生まつりを見た後、地下鉄で国立演芸場に移動。
文朝・小さんの公演記録映像と、南喬・三語楼の高座で構成された「懐かしの映像とともに」。
14年前、生まれて初めて行った寄席で文朝、小さんを見ている。場所は上野鈴本演芸場。その日は先代の正楽や三木助も登場した。誰が何を演ったかまでは覚えていないが、あの日、彼らを見ていてよかったと思う。

こうやって故人を偲ぶ会が開かれたり、映像や録音が残っているというのは喜ばしくありがたい。でもね、当然のことながら残っているものが全てではなくベストでもない。その日、その時、その場所にいた人間にしか感じられないこともある。
だから、生の舞台を見に足を運ぶのだ。これからも。


*国立演芸場
 
 柳家緑太  「道灌」
 桂 南喬  文朝思い出話
 桂 文朝  「明烏」
 桂 南喬  「百川」
  -仲入り-
 柳家三語楼 小さん思い出話
 柳家小さん 「禁酒番屋」
 柳家三語楼 「粗忽長屋」

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。