スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さようなら神田山陽

■SWAクリエイティブツアーVol.4

今日のお題は9月から1年間イタリア留学する「神田山陽」。各人が山陽に因んだネタを披露。しかしあたたかく送り出すなんてことはなく、皆俺が俺がとたっぷり演ってトリの山陽の持ち時間は12分。きっちり12分で終わらせてました。

昇太の講釈の後で山陽を聴くと、やっぱり本職の張扇の音はちがうなぁ。この間清水宏との会の時も思ったけれど、清水宏や昇太がいくら張り切って張扇を叩いてもぺちぺちした音しか出ない。山陽が張扇を手にすると、ぱしーんと会場がひきしまるようないい音。
イタリア中に張扇の音を響かせて、山陽がどう変わって(あるいは変わらないで)戻ってくるか、1年後のお楽しみ。


*新宿明治安田生命ホール

 柳家喬太郎 「不在証明」
 林家彦いち 「拝啓、南の島より」
 三遊亭白鳥 「幸せの黄色い干し芋」
 春風亭昇太 「レモン外伝」
 神田山陽  「花咲く旅路」

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。