スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱海殺人事件

■大銀座落語祭2005「熱海殺人事件」

一つの殺人事件と三つの愛。
最初は舞台と客席の空気がちょっとぎくしゃくした感じ。
演じる側の固さと観る側のとまどいが、目に見えないところでぶつかっている。劇中「メモリーグラス」を全員で歌ったあたりから、空気が和み混じりあう。

着物姿の喬太郎版・木村伝兵衛、落語にくらべるとおとなしめだけれど、素敵な狂いっぷり。
大山金太郎を花束で打つシーンの、パシーンパシーンと響く音と無惨に散った花の香が印象的でした。

カーテンコールで来年は落語をやるぞー!と一声叫んで、大銀座落語祭終了。


*博品館劇場

 木村伝兵衛:柳家喬太郎
 大山金太郎:劇団ひとり
 熊田留吉 :石井正則(アリtoキリギリス)
 水野朋子 :小川範子
 演出   :渡辺正行

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。