スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒蜥蜴

原作:江戸川乱歩、脚色:三島由紀夫、演出・主演:美輪明宏。
乱歩が描く夜と悪の蠢く世界。三島が施した華麗な装飾。美輪明宏の妖艶さと存在感。
己の美学を貫き通した3人の美意識の結集。

幕が上がり美輪明宏が登場すると、場内に香水の香りが漂ってくる。
70歳近いとは思えないしなやかな身のこなしで、ドレスの裾さばきや指先の表情まで、すべて計算されつくした黒蜥蜴の動き。そして、独特の震えるような、しかし張りのある声で、詩的な台詞がすべり出す。
対する明智小五郎役は高嶋政宏。初めは違和感を感じたが、幕がすすむにつれて、大仰な自信あふれた態度で黒蜥蜴に立ち向かう姿が様になっていく。

ラスト、ゆるやかなカーブを描いた金色の階段で抱き合う明智と黒蜥蜴。ウエディングドレスのように裾をひきずる美輪の白い衣装が輝くばかりに美しい。


*黒蜥蜴 ル・テアトル銀座

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。