スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野の一日

●鈴本演芸場 3月上席・夜の部

上野をぶらぶら。
「ミュシャ展」目当てで東京都美術館に入るも、すごい混雑でじっくりと見る気が早々と失せる。それでも、花や宝石、12カ月のシリーズなど有名どころ以外の展示スペースは比較的空いていたので、もっぱらそっちを眺めてきた。流れるような線のパステル画、妻や自分を描いた油絵、制作風景が垣間見える写真の数々。いわゆるミュシャらしいミュシャ作品以外を見ることができたのが、今日の収穫。

上野籔蕎麦で腹ごしらえ。3段重ねのもりをかっこんでるおにいさんがいて、その胃袋がうらやましい。

夕方から鈴本演芸場へ。「楽写」を読んだばかりなので、楽屋は今どんな雰囲気かなと頭の片隅で思ったり、前座さんの座布団返しを注視したり。
広小路の岡埜栄泉で買ってきた豆大福をむしゃむしゃほおばりながら、くすくすげらげら笑う。やっぱり寄席は居心地がいいなあ。


*鈴本演芸場
 小権太/和楽・小楽・和助/一九/志ん橋/一朝/小円歌/市馬/雲助/仲入り
 歌之介/のいる・こいる/喬太郎

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。