スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おかあさんへ

NHKの朝ドラ「ちりとてちん」が終了。
半年の間、土曜の午前中はテレビの前にでんと座って、1週間分まとめ見していた日々も今日で最後。

落語の世界とドラマの物語がうまく溶け合っていて、
登場人物ひとりひとりがしっかりと描かれていて、
キャスティングがまた絶妙で、
ギャグや伏線や小技が効いていて、
音楽も素敵で、
言葉のひとつひとつが身に染みて、
毎週毎週笑うて泣いて、泣いて笑うて、
そーこーぬーけーに楽しませてもらいました。

最終週。
和久井映見のおかあちゃん、よかったなあ。
分娩室前での草々の「愛宕山」にも涙々。

このドラマを見るたびに、自分のふがいなさと親不孝さを省みてはいたんだけど、今日は特にいろいろ感じ入ってしまい、最初から最後までボロボロ泣きっぱなし。

今なら素直に言えるかな。
おかあさん、今までごめんね。
生んでくれてありがとうって。


…ダメだ、やっぱり言えねぇ。
ヒネクレ者の娘をゆるしてちょーだい。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。