スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まだまだ

なかの談志独演会

*なかのZERO 小ホール  19:00~

 柳亭市馬 「掛取り美智也」
 立川談志 「黄金の大黒」
  ~仲入り~
 立川談志 「黄金餅」


花も嵐も踏み越えて、なかの談志独演会。
最前列ど真ん中の席で、ちょっと緊張。

露払いは市馬。
いつもながらの美声に加え、楽屋へ向けてのサービスも。
談志曰く、俺に受けようという料簡がいい。

談志一席目。
声が出なかったり、言葉に詰まったり、言い間違えたり。
死ぬには元気が足りないと呟きながら、本人が一番もどかしいことだろう。
それでも噺をしているうちに、真っ白だった顔に赤味が射し、つやつやと輝いてくる。

二席目は、市馬に頼まれたんだと「黄金餅」。
この日の約束が実現。
http://yuragi2359.blog96.fc2.com/blog-entry-170.html

行きつ戻りつ舌を出しつつ。
ドキュメンタリーを見たと思え!は蓋し名言ながら、寂しさを感じさせる。

幕の閉まり際、隣のおばあちゃんが談志へ向かって手を振ると、にこっと笑顔になった談志が手を振り返してきた。
こんなうれしいことはない、今日はいい日だと上機嫌のおばあちゃんは、いつまでも色気のある人ねぇと会場を後にした。

まだまだ、まだまだ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。