スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱きしめたい

第72回自由美術展

*国立新美術館(~10月13日)

自由美術展で敬愛する方の作品と対面。
一昨年と去年の作品は撫で回したくなった。
今年の作品は抱きしめたくなった。
真ん中の空間にすっぽりはまり込み手足を絡めて眠りたい。
作品に抱きついて壊したら大変なので、本人に抱きつく。
受け止めてもらう幸せと安堵。

彼女の旦那様の作品は金属製。
旦那様の作品を見るといつも、触れるとあまりにも冷たすぎて熱!と感じそうな気がする。
ドライアイスで火傷するような。
ご本人も作品のように、尖って緊張感の漂うお人なのかなと勝手に想像していたら、とても穏やかで周りをじんわり温めてくれそうな雰囲気の方でした。

ご夫婦で彫刻家。
助けあって刺激しあってお互いが一番厳しい批評家でって、そんなこと当然のように仰っていたが、1+1が10にも100にも1000にもなるに違いない。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。