スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12


私の接近で、彼が背負いこんだ一番大きなものは、“笑う”ということではなかったか。“笑う”ことでバランスをとろうとする。それは戦争の最中に微妙な年齢を迎え、さらに父親を失い、すべてに不安定だった彼にとってきわめて魅力的な対処策だったろうが、そのかわりどんなことがあっても“笑い続け”なければならない。そういう麻薬のようなものだったと思う。

 ―『門の前の青春』色川武大

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。