スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人と契らば

荻窪の古本屋で、川谷拓三の評伝「人と契らば濃く契れ」と成田三樹夫の遺稿句集 「鯨の目」を釣り上げ。

成田三樹夫が新婚の妻に送った手紙。

「僕もこの辺でもう一つ腰をおとして勉強の仕直しをするつもりです。
 とにかくもっと自分をいじめてみます。
 男が余裕を持って生きているなんてこの上ない醜態だと思う。
 ぎりぎりの曲芸師の様なそんな具合に生き続けるのが男の務と思っています。
 色気のない便りになって御免なさい。」

愛をささやく言葉よりこんな決意表明が嬉しいときもある。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。