スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂に溺れる

「アラビアのロレンス完全版」ニュープリントバージョン 試写会

20年ぶりにスクリーンで観る「アラビアのロレンス」。
この映画を、砂漠を、ロレンスをあんなにも好きだったのに、好きだという気持ちをどこかへ落っことしていたような気がする年月。
忘れていたものを取り戻す時間は駱駝の歩みで。






砂漠の恐ろしいまでの美しさがわたしの皮膚を貫いて心臓にぐさり突き刺さる。
きれいなものだけで出来上がったきれいなものにはさして心惹かれないのに。
人をも飲み込む砂の海。一体どれだけの血を吸ってきたことか。

それでもなお、砂漠は清潔だ。


12月20日よりテアトルタイムズスクエアでロードショー。
http://www.lawrenceofarabia.jp/

公式サイトの「自分を、信じろ。」というキャッチフレーズや真のヒーローなんていう軽々しい呼び方が、非常に残念。
そんなお手軽な映画じゃないだろう。
そんなロレンスじゃないだろう。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。