スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほどよい

食前にバーヴィクトリアで創業130周年記念のカクテル「ハーン」。
1894年に宿泊したラフカディオ・ハーンに因んだ一杯。1978年宿泊のジョン・レノンなんてこのホテルの歴史の中ではヒヨッコだな。
ぴかぴかに磨き込まれた木の床に蝋燭の光が揺らめいて、時がとまったかの如く。


富士屋-6

夕食と朝食はメインダイニングにて。客室よりさらに高い高い天井。
格子天井に高山植物が描かれ、花々に誘われるように蝶や鳥の彫刻が施されている。窓には御簾。


富士屋-9 富士屋-9

富士のマークが刻印された銀のカトラリーが美しい。時間をかけてゆっくり食事を愉しもうという気分に自然となる。ナイフとフォークの重量感がそうさせるのかな。
それにしてもこの富士マーク、食器に家具にあらゆるところに入っていて、全部合わせると一体何千、何万個になるんだろう。
富士屋風パンケーキにメイプルシロップをたっぷりかけて、朝から幸せ~。


富士屋-7  富士屋-8

三代目当主が設立した万国髭倶楽部の面々と、今なおメインダイニングのあちらこちらから目を光らせる三代目。
ホテル全体から感じる、行き届いていながら過剰ではない"ほどよい"サービスは、この眼光の賜物かも。

記念に永久保存してくれるというメモリアル写真を撮ってもらった。またいつか、ここへくるために。

Comment

No title

ほどよいサービス・・・それが受けられるような大人になりたいな。

目を光らせてるこれは何っ???

Re: No title

>R湖ちゃん

箱根の山のトーテムポール。
ではなく、二代目の髭当主が作らせたお目付役。
当主の顔を模したとか模さないとか。
この方、ダイニングの全ての(!)柱にいらっしゃいます。
あ、日記本文で間違って三代目と書いちゃった。

> ほどよいサービス・・・それが受けられるような大人になりたいな。

受ける方も器量が問われますよね。精進精進。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。