スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しゅらしゅしゅしゅ

二週間ぶりの三味線のお稽古。
三下がりにようやく慣れてきたところへ、二上り登場。
小三治の出囃子「二上りかっこ」の二上りですよ。

おっしょさん曰く、本調子から三の糸を一音下げると三下り、二の糸を一音上げると二上り。三下りの状態から一の糸を一音下げれば二上りになります。
…うう、混乱。頭の中でオタマジャクシに書き換える。

 本調子をシ-ミ-シ(B-E-B)とすると
 三下り シ-ミ-ラ(B-E-A)
 二上り シ-ファ#-シ(B-F#-B)

 三下りから一の音を一音下げると
 三下り シ-ミ-ラ(B-E-A)
 二上り ラ-ミ-ラ(A-E-A)

キーが変わるのねとようやく理解。三味線は相対音。絶対音で考える癖を治さなきゃ。

お稽古は「金毘羅船々」。
これはお座敷遊びの曲だからどんどん早くなっていくのよ~とおっしょさん。
勘所探している場合じゃないけど、身体がすぐには反応しません。
あわあわ徒に指を動かしているうちにお稽古終了。

こんぴらふねふね四国沖でおふねが沈没しないよう、しっかり練習します。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。