スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モミの木

ロシアの男性の肺にモミの木が。

ロシア・イジェフスクで、男性の肺の中で木が育っているのが見つかった。
男性が胸の痛みを訴え、検査を受けたところ、肺に腫瘍(しゅよう)のようなものが見つかった。摘出手術が行われ、“腫瘍”は長さ5センチのモミの木とわかった。
モミの木は研究機関に送られた。専門家は「あり得ないことだ」と首をかしげている。
http://www.news24.jp/133282.html


「ブラックジャック」に、身体から木の芽が吹き出す少年の話がありました。
海外赴任中の一家に育てられていた植物が、彼らが日本に帰国するとき置いてけぼりにされたくなくて、赤ん坊だった少年の身体に種子を忍びこませたんでしたっけ。
今考えると植物の必死な思いが切ないなあ。
でも子供の頃に読んだときは、かなりの恐怖と気色悪さを感じたことを思い出しました。うう、身体がムズムズする。

肺のモミの木はそのまま育ったらどうなったんでしょうね。身体の中でクリスマスツリー点灯?


鼻から春菊も耳からほうれん草もいける気がしてきました。これぞ自給自足。

Comment

No title

肺から睡蓮の花が咲くヴォリス・ヴァインの小説もありましたなあ。

No title

5センチってでかいよねぇ。
しかもモミの木って痛そうだし。
タンポポだってアスファルトを突き破るパワーがあるからありえない話でもないですよね。
私もニュースを聞いて、ブラックジャックを思い出しました。
切ないホラーとでも言おうか、名作だと思います。

あと、膝の裏にフジツボが生息したという話も聞いたことがあります。

No title

なんかムズムズしてきた!
そしてやはりぞっとします!!
いつも心の角では偉大な自然の力って感じてるのかもしれないですね~

Re: No title

> あずき軍曹さん

>肺から睡蓮の花が咲く

なんて美しくなんて儚い。
息をするたびに微かに花の香りが漂いそうですね。
鼻の中でぴんぴんしている春菊とは大違い。


>ぴぃやん姉さん

>あと、膝の裏にフジツボが生息したという話も聞いたことがあります。

フジツボはやめて~。膝の裏がムズムズ~。
でも想像したくないのに想像しちゃう。うわーっぐえーっひゃおう。


>naoちゃん

ぴぃやん姉さんのフジツボ話で、ただいまムズムズが最高潮…!
植物の生命力の前には、人間なんてホント頼りない生き物だなあと感じます。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。