スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20


私は「芸術家」という言葉が嫌いだ。芸術家と称する連中に限ってよく「創造」という言葉を口にするものだが、あの言葉もおこがましい。以前ピカソが「私は芸術家ではない」という言い方をしていたけれど、私なら自分のことは「職人です」と言いたい。

 ―バルテュス

Comment

art

ピカソがそういうなら、そうかな、、と思ってしまう。(笑)
私もあえて「芸術家」というくくりをするのは嫌い。
でも「職人」といわれるとそうではない。
職人の仕事をする美術家は、やはり職人の技であって、そこを超えてはいない。技だけで見せようとする作品はおもしろくはない。へたうま、というのもなんだか違う。
なんなだろうね。言葉でランクはつけられない。

No title

日本ではこの手の「自分は芸術家じゃない」って言葉が過大評価されすぎてて、時にそれが芸術衝動さえ狂わせてしまってるとも思う。ピカソは子供の時から芸術家だった。バルテュスはいいところの坊ちゃんだ。そういう人が言うから意味があるワケで、平民の駆け出しの作家が言ったり、もしくは「自分は芸術家ではない職人だ」と技術やセンスもあるのに衝動を見ないことにしてしまう人が多いように感じてしまいます。

Re: No title

> annさん
>サイキさん

自分自身を丸ごと差し出して「わたしは○○だ」と名乗るにはそれだけの覚悟と裏打ちが必要だと思います。
そして自分自身を何者でないか言い切るのは、簡単なだけにある種の欺瞞や危うさを感じてしまう。
言葉にすることで明らかになることもあれば失うものもあるでしょう。
また、名乗りというのは自分との対峙であると同時に社会との対峙でもあるでしょう。
結局は己を知るということに尽きると思いますが、わたしのような凡人は死ぬまでにそれができるかどうか。

No title

本文とは直接関係ないが、あたしは「感性」という言葉が嫌いだ。

Re: No title

> あずき軍曹さん

体調はいかがですか。復活されたのかな。

>本文とは直接関係ないが、あたしは「感性」という言葉が嫌いだ。

わはは。ではわたしも一つ。
「楽曲」が嫌いです。言葉がというより最近の安易な使われ方が。


Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。