スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベルギーから里帰り

浮世絵 ベルギーロイヤルコレクション展

*日本橋高島屋8階ホール
 2009年4月29日(水)~5月11日(月)

ベルギーロイヤルコレクション展


世界屈指の保存状態と言われるベルギー王立美術歴史博物館とベルギー王立図書館の浮世絵コレクションが里帰り中。浮世絵のぬれぬれと美しい色彩が目の前に。
どれぐらい色鮮やかかというと、こちらのブログ「弐代目・青い日記帳」で、今回の展示品と大英博物館の所蔵品の比較をされていますので是非ご覧ください。
江戸の空気が甦る。

それにつけても国芳好きだ~。水滸伝の迫力も、金魚絵の可愛らしさも、寄せ絵の諧謔も、相馬の古内裏の奇想も、全部あわせて国芳でどこから切っても国芳で、好きだ~。

むだ書 歌川国芳「荷宝蔵壁のむだ書」

くいん。ベルギーの皆さん、大切に保存していてくれてありがとう。

高島屋を出て日本橋を渡り神田までぶらりひょん。
神田駅前でちょうど神田祭の鍛冶町一丁目と二丁目の神輿に遭遇。神輿が躍る。半纏も躍ってる。

Comment

こんにちは。
浮世絵、いいですよね。
私が初めて本物を見たのは中学生の時。美術館が出来る前だったから、県立博物館のなにか企画展だったよ。
教科書などのぼんやりとしたぱっとしない色彩しか見たことなかったから、色彩の鮮やかさとシャープさにびっくり。これが版画と思うとますます衝撃でした。
時々美術館や美術展には出没してますが、浮世絵にはご無沙汰しています。
久しぶりに本物が見たくなりました。

Re: タイトルなし

> やまでんでん

今回見たコレクションは本当に素晴らしいものでしたよ。
遊女の着物の紫や、空の薄紅や、月代の青々しさがきれいに残ってるの。
点数も多くて見応えがありました。

美術館っていつできたんだっけ。
昔は何か催し物というと博物館&県民文化ホールに行っていた記憶があります。もちろん自転車で。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。