スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔い

しげるの花嫁は余命5日間の花嫁でした。
重みのなくなった黒い塊を煙草の箱に入れ、からから電車に揺られて鎌倉に行きました。
鎌倉の川のほとりの庚申塚の大きなお顔の石像の足元に、黒い塊をそっと横たえ、煙草を一本手向けました。
あとは蟻に任せましょう。
空になった煙草の箱から瓜のような甲虫の匂いが漂いました。
さよならなっちゃん。

横浜は野毛に移動して萬里で焼餃子、水餃子、蒸し鶏、牛バラの煮込み、エビやきめし、青島ビール、紹興酒。平岡正明に合掌。

Comment

No title

タイトル見て
「ああ、しげるが逝ったのかっ」
と思いましたが、妻に先立たれたのですね......

合掌。

Re: No title

> あずき軍曹さん

生まれてから死ぬまでプラスチックケースの中の世界しか知らなかった
花嫁なっちゃん。最後ぐらいと自然に還すことにいたしました。

よく妻に先立たれた夫は生きる気力を失うという話を聞きますが、
しげる、バリバリ元気です。

No title

しげるさんにはこれからも元気一発で頑張って欲しいです。
こちらでも
合掌

Re: No title

> ナオちゃん

ありがとう。
気温があがってきたせいか、しげるはすこぶるご機嫌です。
そろそろ本格的な夏ですね。今日の雲はきれいです。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。