スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

潜る

ザ・ダイバー

*東京芸術劇場小ホール1  19:00~

潜る、潜る、潜る。海中。子宮の奥深く。意識の下。魂の底。
女。男。母。子。面向不背の玉。宝を結ぶへその緒。
刻々と変わる表情。刻々と変わる舞台。刻々と変わる自我。
潜る。沈む。もがく。溺れる。呼吸ができない。
浮かびあがれるのか。浮かばれるのか。

男なんて絶滅してしまえと思うことが、時々ある。
人間も細胞分裂できればいいのに。

今夜は自分の血の匂いが鼻につく。
生々しさを露にしながら尚、舞台を一貫する静謐な透明感が印象的なだけに。
それが物語のリアリティであり、わたしの生理に迫ってくる。

大竹しのぶは化物。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。