スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒモノスキー

いただきものの玄海・唐津の干物があったので、お米を浸漬させて、その間にお出汁をとって、小松菜を茹でて、かぼちゃを胡麻和えにして、大根すりおろして、ごはん鍋を火にかけると同時にお味噌汁を作り始めて、蒸らしに入ったら干物を焼いて、身側は5~6分、皮は1~2分、脂が垂れて網がじじっと音をたて皮に焦げ目がついたらお味噌汁を仕上げ、炊きたてのごはんをお茶碗によそって、これも焼きたての干物に箸を入れ、熱々のごはんと一緒にはふはふ口にいれると唾液がそこらじゅうからじゅぅわぅわーっ。
シミュレーションも完璧に家路に着けば、「えー、魚食べるのめんどくさい」の一言で全てが脆くも崩れ去ったのは昨夜のこと。

一日経っても干物。口と胃袋が干物。普通の焼き魚もいいけれど、風と塩で旨味がとじこめられた干物のおいしさは格別よね。干物食べないとおさまんない。小松菜もかぼちゃもお味噌汁もどうでもいい。夕飯は干物三昧に決めた。干物干物干物。

ごはんを炊いて鯵の干物を焼く。熱々のごはんと一緒にはふはふ口にいれる。唾液じゅぅわぅわーっ。小ぶりの鯵はあっという間に頭と骨だけになった。
かますの干物を焼く。中骨に沿って表面がちょっと固くなった部分がありましょう。あれをぺりぺりぺりときれいにはがして食べるのが干物っ食いの醍醐味ですよ。うま。
鯖の干物を焼く。脂がもうたまらん。唾液増量。かぼすを軽く絞る。唾液さらに倍。ごはんもおかわりしてしまったよ(滅多にない)。

満腹満足、さすがに息が魚くさい。今夜は干物になろう。干物になって風と塩で凝縮されてゆらゆら揺れるのだ。

Comment

No title

「えー、魚食べるのめんどくさい」
その人の気を知らない悪気のなさに力抜けてしまいました、、、、。ホロリ
さて、、うちに干物あったかなぁ、、、。ジュルリ

Re: No title

> ナオちゃん

今後、食事はすべて流動食にしちゃろうかと思いました。
干物色に染まったわたくしの心を踏みにじった報いを受けるのよ。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。