スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親子競演

■梅雨祓落語競演 さん喬・喬太郎親子会

*前進座劇場  14:00~

 柳家さん若「子ほめ」
 柳家喬太郎「小言幸兵衛」
 柳家さん喬「水屋の富」
  ~仲入り~
 柳家喬太郎「午後の保健室」
 柳家さん喬「唐茄子屋政談」


似てないようで似ている親子。
もちろん、弟子が師匠からいろいろなものを受け継いでいるのは言うまでもないが、師匠の方も弟子から影響を受けている、弟子がきたことでそれまで気付かなかった資質が引き出されたんじゃないか、と思えるさん喬と喬太郎。

「小言幸兵衛」は、師匠の前で固くなっているのかなという雰囲気。
前半の小言も後半の妄想も、少々切れが悪いように感じた。

仲入り後はたっぷりの枕(さん喬が「小三治さんかと思いました」)。
さん喬が、喬太郎は普段自分の前ではガチガチに緊張しているのに酔っぱらうと
「ねえ師匠、「幾代餅」教えてくれよー」という口をきく、という話をしたのを受けて、
これだけは訂正しておきます、
あれを言ったのはわたしじゃありません喬之助です、
わたしは「ねえ師匠、「百川」教えてよー」と言ったんです。

その「百川」、2月に下北沢で演じたときは本人もまだまだと言っていた。
いずれまた聞く機会があらんことを。

さん喬の「水屋の富」「唐茄子屋政談」は噺の運びが実に鮮やか。
見せるところはじっくり見せ、カットするところはすぱっとカットし。
また、客を一気に緊張させるのがうまい。
楽屋でもこうなんだろうかと思うと、ちょっと恐い。
喬太郎を筆頭とした弟子たちのこと、そして自分の師匠・小さんの思い出を語るというのも親子会ならでは。

いつか喬太郎にも弟子がつき、親子会を開く日がくるだろう。
その時に、喬太郎が弟子についてどう語り、その弟子が喬太郎のことをどう表すのかも今から楽しみ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。