スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西荻窪、南口

きれいに晴れた土曜の午後、西荻窪へ。
週に一度は訪れていた西荻の街ともすっかり縁遠くなり、それでも北口方面はたまにぶらつくこともあったものの、南口に足を向けるのは実に十年ぶり。

初めましての店が二軒。まずはセレクトCDショップ雨と休日へ。壁に沿って適度な間隔にCDが配置されている。ひとりの夜に、ふたりの朝に、静かに流したくなる音楽の数々がまさに“選ばれた"という趣き。斜向いのにわとり文庫はこじんまりとした可愛らしい古本屋で、本の並びも好み。近所にあれば通い詰めてしまうだろう。

それから路地をついと入り、西荻に来ると必ず立ち寄っていたねこの手書店へ。店内は十年前からほとんど変わった様子がなく。そうそう、いつもこの左っ側のミステリーコーナーで創元推理文庫やハヤカワミステリ文庫を物色した後、次に奥の文庫本エリアをうろうろ、最後に右っ側の単行本や美術書、雑誌類をとっくり眺めて出てきたっけ。

バス通りに向かうと角の新星堂が見えてきた。まだあったんだと思いきや、明日でおしまいの閉店セール。買いそびれていた喬太郎を30%OFFで4枚、ここでCDを買うのも最初で最後。

通りをわたって裏道をてくてく、スコブル社に辿り着く。本の迷宮のようだったこちらは迷宮度がさらに高まり、あちらこちらで雪崩が起きている。確か以前は通路もう2本分くらいは行き来できたはず。迷宮から老いぼれグリンゴを救出して、スコブル満足。

それから再び駅のほうへ向かう。洒落た小さな食べ物屋がたくさんできている。駐車場で身を丸めている白黒の斑猫に挨拶したら、シッポを高々と掲げ肛門を見せつけられた。やーねー。

中央線をくぐり北口、古書音羽館。いつきてもハズレがなく、今日もコミさんの本と古い中公文庫を数冊。もし宝くじに当たるようなことがあれば、店ごと買う。宝くじ買ったこともないくせに、そんな妄想を掻き立てられる。

それにしても十年かー。声に出して呟くと、十年前とやってること変わってないじゃん古本屋行って古本屋行って古本屋行って…とすかさず横から突っ込まれる。十年前から成長してないってこと?と問うたところ、十年前から中身がオッサンだったってこと、と返された。

そして今、雨と休日で手にしたビル・エヴァンスを聴きながら日記を書いている。子供の声の混じったChildren's Play Songがとても美しく、満月に映えている。


西荻南口


Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。