スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜日の探しもの

昨日「土曜日の絵本」について書いたら、いろいろ呼び起こされたのでつづき。

小学生の頃、うちではドラえもんとサザエさん以外の漫画を買ってもらえなかった。それも一年に一冊とかその程度。漫画を読みたくなると隣の家に上がり込み、中学生のおにいちゃんの「がきデカ」だの「マカロニほうれん荘」だの「ブラックジャック」だの「エコエコアザラク」だのを読みあさった。「750ライダー」はつまらなかった。

そんな中で出会った「土曜日の絵本」。なんて可愛らしい絵と色使い。こまわり君とは大違い。
いつも男の子のような格好ばかりしているミクちゃんがリボンのついた赤いつやつやした革靴に心奪われる話があるが、そのときのミクちゃんと同じようにわたしの中の女の子の部分が共鳴したんだろう。
そして、子供は純真無垢なものという大人の勝手な押し付けでなく、他人と張り合ったり、傷付けたり、ずるをしたり、そういう部分も含めて当時の自分と同年代の子供たちの内面が描かれているところに惹きつけられたんだろうと、今になって思う。
確か、学校に誰かが持ってきていたのを借りて休み時間(或いは授業中)に一度読んだきりなのに、いつまでも心に残る出会いとなったのだった。

中学生になり小遣いをもらうようになった。自分のお金で漫画が買えると喜び勇んで通学路にある本屋に行ったが、「土曜日の絵本」は置いていなかった。乏しい小遣いをやりくりして、「野葡萄」や「りんご日記」など他の川崎苑子作品を一冊ずつ揃えるなか、全6巻の「土曜日の絵本」だけはわたしの手元にこなかった。

確か、中学を卒業して高校に入るまでの、どっちつかずの手持ち無沙汰な春。いや、高一から高二になるときだったか。突然思い立ち、電話帳で市内にある本屋の住所を調べ、何軒もの本屋を回った。あらかじめ電話して聞いてみるという知恵はなかったのか。とにかく行かねばという衝動にかられていたのか。古ぼけた青い自転車をこいでこいでこいで、自宅から遠く離れた小さな本屋の薄暗い棚の片隅でようやく1冊見つけたときは、飛び上がるくらいうれしかった。

どうにかこうにか1巻から4巻までは手に入れたが、どうしても5巻と6巻が見つからない。本屋に注文すれば取り寄せてくれると聞き、近所の本屋で注文票に題名、著者名、出版社名、連絡先などを記入して店のおじさんに渡した。わくわくしながら待った。待った。待った。だが、何日経っても届きましたよという連絡がこない。しびれを切らして本屋へ行き尋ねると、ああこれ絶版になってるようですねというそっけない答えが返ってきた。絶版という言葉を初めて知った。絶版の絶の字に、なにか断ち切られたような気がした。


あれから20年。いまだに5巻と6巻を探し続けている。文庫になって販売されているのは知っているが、わたしが欲しいのは金色に縁取られたマーガレットコミックスの「土曜日の絵本」5巻と6巻なのだ。
いつか巡り合うことを信じて、今日も古本屋をのぞく。見つからないまま、今日も1巻から4巻までを繰り返し繰り返し読んでいる。

土曜日の絵本

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。