スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陸のなかまたち

大哺乳類展-陸のなかまたち

*国立科学博物館
 2010年3月13日(土)~6月13日(日)

上野の薮蕎麦で山菜天せいろをたいらげ長谷川等伯展へ向かったところ、一時間待ちの大行列。腹をなでなで回れ右、今日から始まった「大哺乳類展-陸のなかまたち」へ。

この進路変更が大当たり。
メダカほどの小さなネズミも、襲われたらひとたまりもない巨体の熊も、とうに姿を消したご先祖さまも、現存する動物も、すべて哺乳類哺乳類哺乳類の列。
装飾的に発達した顔の骨になんじゃこりゃあとのけぞり、力強く美しい角を頭に抱いた剥製にうっとりし、ホルマリン漬けの象の鼻にぞーっとし、リスのウンチに顔を寄せてくんくん匂い、いやいや愉しいったら。

シートン動物記のシートンコーナーもあって、小学生の頃読んだオオカミ王ロボや銀ギツネ物語を懐かしく思い出した。伝書鳩アルノーの話が好きだったなあ。若い頃のシートンは画家を目指していたそうで、本の挿絵もシートンの手によるものだったことを初めて知る。

夏には「大哺乳類展-海のなかまたち」も開催されるとのこと。大阪市立自然史博物館のナガスケさんが上京してきてくれないかなあ。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。