スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢 #6~#10

#6
お山のてっぺんの広場に並んだパイプ椅子に座り、木落しを待つ。始まるぞという声に斜面が見える場所に移動するとそこは田舎の商店街で、ちょうど御柱が落とされたところ。縄を切られた御柱がひとりでに商店街の通りを落ちてゆく。曲り角もうまい具合にすり抜ける。氏子は一人もいない。

#7
別れた男の家から荷物を運び出し船に運ぶ。最後に大きな机をのせると喫水線がぐっと下がった。水路をゆく船にゆられうとうと。西日が顔にあたり目を覚ますと船は海に出ていた。と、別れたばかりの男が横にいる。例のあの先生、医者をやめて眼鏡屋になったよという話をきく。

#8
大学時代に住んでいたアパートにいる。2階の203号室。夜遊びから戻らない猫を心配しドアをそっと開け闇に向かってくうや、くうと名を呼べば、しゃらしゃらと鈴の音が応える。くうや、しゃらしゃら、くうや、しゃらしゃら。近付いたと思えば遠ざかる鈴の音と、戯れるかの如く。

#9
「ピアノ売ります」のチラシを片手に下町をふらつく。角の魚屋から楽しげな話し声。マコちゃん、ヒロちゃんとお互いちゃん付けで呼びあうおじさんたち、従兄弟同士で魚屋をやっているらしい。追われる男と追う男が、同じテーブルで丼飯をかっこんでいる。ピアノはまだ見つからない。

#10
緑眩しい広場でグローブを構える子供たちの輪が二つ。カウンセラーのおばちゃん、空の上からボールの行方を知らせる。ほうら左チームにいったよ、もっと左ひだり。ところが下界で風に流されたボールは右チームの一番右の子がキャッチ。だめだなあカウンセラーのおばちゃんは。


夢3

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。