スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市馬落語集 下巻

■市馬落語集 下巻

*国立演芸場  19:00~

 柳亭市丸 「出来心」
 柳亭市馬 「首提灯」
  ~仲入り~
 ボンボンブラザーズ
 柳亭市馬 「百年目」


冷ややかな弟子2号の後、黒紋付に袴で登場。
小さんが亡くなって早5年。
入門時のエピソードや、稽古(剣道の)をつけてもらった話など。

胴斬りから首提灯。
首が落ちる様子に、思わずはっと腰が浮きそうになる。

目の前で見るボンボンブラザースは、淡々とした展開が妙かな妙かな。

このところ、他の人でも聴く機会が多かった「百年目」。
市馬師の「百年目」は、栴檀と難莚草の話が一番しっくりはまって胸にじーん。
この旦那、今の世なら理想の上司No.1決定。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。