スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まんぞく、まんぞく

■五月大歌舞伎

*新橋演舞場  11:00~

 一、歌舞伎十八番の内 鳴神
 二、鬼平犯科帳 大川の隠居
 三、釣女(つりおんな)


あれは8年前。
同じ新橋演舞場で「鬼平犯科帳」の舞台がございました。
鬼平に吉右衛門、小房の粂八に蟹江敬三、木村忠吾に尾美としのりといった
テレビ版でおなじみの面々に加え、富十郎、歌昇、安井昌二、池内淳子、
波野久里子などの豪華な布陣。
原作&テレビ版の大ファンだったわたくしは是非とも観たいと胸を躍らせ、あまりいい席ではなかったけれど何とかチケットを確保し、観劇の日を楽しみにしておりました。

ところがなんと、その大事な日に、どうしても抜けられない仕事が入って
しまったのでございます。休日だというのに。
前日からの徹夜仕事に追われながら、今頃は舞台始まってるんだろうなあとため息をつく哀しさ。
一人で観にいった連れの、面白かったよ~との言葉にむらむらと沸き上がる悔しさ。
この雪辱をいつの日か晴らさん!と決意してから幾星霜。
ようやく、ようやくの、今日の鬼平。

吉右衛門の鬼平と老盗賊友五郎の歌六の、腹の探り合い、化かし合いに笑い、最後は鬼平の懐の深さに友五郎とともに感服。
大川の隠居も大きく飛び跳ねて大円団。


続く「釣女」でも、歌昇&吉右衛門が観客を楽しませてくれること!
醜女姿の吉右衛門が、先月二代目を襲名したばかりの錦之助に
「錦ちゃ~ん、カッコイイ!」
と声をかけたのには爆笑。

終演後は煉瓦亭で食事でもと、形から池波正太郎にふけりたかったけれど、同行者電池切れにつきまっすぐ帰宅。
大きいので一杯飲りたい気分。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。