スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶴の千三百五十八番

■第310夜 にっかん飛切落語会

*イイノホール  18:30~

 三遊亭橘也 「子ほめ」
 三遊亭幸二郎「猫の皿」
 柳家喬太郎 「ぺたりこん」
 三遊亭小遊三「厩火事」
  ~仲入り~
 林家きくお 「唖の釣」
 柳家小三治 「宿屋の富」


飯野ビル建て替えに伴い、イイノホールでの「にっかん飛切落語会」も
今年11月までだそうだ。
まだまだしっかりとした建物のように思えるが、完成後半世紀近く経ち、
いろいろ不都合もあるのだろう。
古い建物がなくなり景観も変わっていくのは仕方のないこととはいえ、少々淋しい気も。
願わくば、無粋なタワーなんかにならないでほしい。

この会恒例のプレゼントに初めて当たった。
「宿屋の富」をたっぷり楽しんだ後、こちらも当たり籤ならぬ当たりシール付きプログラムを握りしめ、受付でサイン色紙と交換。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。