スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

骨上げを待つ時間

■立川志らく独演会 ~昭和の三大名人に挑戦~

*銀座ブロッサム  19:00~

 立川志ら乃「反対俥」
 立川志らく「心眼」
 立川志らく「お直し」
  ~仲入り~
 立川志らく「双蝶々」


ヘソをいじって快~感なおじさんたちの集まり、中央会館(by志ら乃)。
今回のテーマ「陰惨な噺をどこまで楽しくできるか」を、親戚一同で骨上げを待つ間の妙なテンションの上がりっぷりに例えてくるのが、志らくだなあと。
師匠の骨上げを待つ弟子一同は・・・とイケナイ妄想。

「双蝶々」のラスト。二羽の蝶々がひらひらと舞う。
とっても映像的で鮮やか。

帰るときに扉の近くに落ちている入れ歯を発見。
これが、かの大阪弁をべらんめぇに翻訳してくれる便利な機械か!

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。